【転職を考える看護師さん】転職経験者が教える、自分に合う求人の探し方。

スポンサーリンク

現大学病院看護師のあやです。今回は転職経験者の私が、転職を考えている看護師さんへ、 自身の「転職のきっかけ」や「転職後の環境の変化」、転職活動を行う中で見つけた自分に合う求人の探し方についてお伝えします。

1.転職のきっかけ

まず最初の就職先は、自宅から電車通勤30分の二次救急病院でした。配属先はHCU病棟で、患者さんの入退出が目まぐるしく、毎日時間や気持ちに余裕のない日々を過ごしていました。その中でも唯一の救いだったのは、残業が少なかったこと・人間関係に大きな不満がなかったことで、なんとか丸5年間勤めてきました。その中で転職を決意した理由を綴っていきます。

1-1.病棟異動希望が通らなかった

配属病棟も長くなり、リーダー業務や勤務時間外の業務(後輩指導の資料作りなど)が増え始め、負担に感じていました。そんな時、もっと自分の学びの時間に充てたいと考え始め、人事考課面接の際に一般病棟への病棟異動希望を出しました。しかし師長から半ば強引な引き留めを受け、その後の業務では全くモチベーションが上がらなくなってしまいました。悩んだ末一連の流れを夫にも相談し、転職を考え始めました。

1-2.通勤時間を短縮したい

結婚をおきに職場の見直しを目的に看護転職サイトに登録していました。登録当初はガツガツ情報収集していたわけではなく、定期的に配信されるメルマガの気になる求人を眺める程度でした。しかし1-1.を理由に本格的に情報収集を始める中で、転職する条件として「将来的に育児と両立できる環境を整えること」を第一優先に考えました。そのためせっかく転職するならもう少し近いところに!と思い立ち調べ始めました。

1-3.院内保育所がない

院内保育所は病院内または近隣に設置されることが多いんです。そして病院の稼働に合わせて24時間体制のところがほとんどなので、シフトに合わせて子どもを預けやすく安心して働けるメリットがあります。最初の就職先には院内保育所がなく、結婚・出産をおきに退職される上司をたくさん見てきたので、長くは勤められないことをうすうす感じていました。

2.自分に合う求人の探し方

本格的に転職活動を行う中で、「自身が一番大切にしたい条件は何か」考えた時にきっかけを分析してみました。分析することで条件がブレずに転職活動ができるのでご紹介します。

2-1.結婚や出産がきっかけの場合

ライフイベントが関与している場合は、生活重視で考えてよいと思います。是非家から近い職場を探してみましょう。家事と仕事の両立をしたい場合は、パートタイムで探すのもおすすめです。

2-2.給与への不満がきっかけの場合

病院の公式ホームページから給与や各種手当、福利厚生をチェックしてみてください。さらに転職サイトの担当者の方とも転職条件を共有しておくと、給与の見積もりもしてくれました。

2-3.人間関係の不満がきっかけの場合

人間関係に関してはなかなか情報収集が難しいかもしれませんが、病院の説明会や転職サイトの口コミで雰囲気を探ってみてきださい。 私の場合転職サイトの担当者の方に相談したところ、スタッフの年齢層や雰囲気を教えてくれました。

3.転職後の職場、環境の変化

転職後は三次救急の大学病院で勤めています。今までの経歴を考慮されICU病棟に配属され、既卒者として入職したため即戦力を求められ、前医と比較して忙しさは全く変わらないのが正直なところです。人間関係は可もなく不可もなくですが、過度な鑑賞やパワハラはなく仕事上支障はありません。やはり就職してみないとわからないこともありますが、通勤が格段に短縮できたことは負担軽減になっており、給与が少しupしたのでなんとか続けようと思っているこの頃です。

4.まとめ

今回は実体験をもとに、 自身の「転職のきっかけ」や「転職後の環境の変化」、転職活動を行う中で見つけた自分に合う求人の探し方についてお伝えしました。 結果的に転職後業務の忙しさは変わりませんでしたが、環境を変えることで新しくやりたいことが増えたり仕事に前向きになれたと思います。
転職を控えている方は、不安や環境の変化を恐れる気持ちもあるかと思いますが、焦らず情報を得ながら自分のペースで進めてみてください。